明治・大正・昭和の足跡を訪ねて

「日本歌曲コンクール」など様々なコンサートを続けている(写真・三島 叡)

所在地:東京・上野公園 完成:1890(明治23)年

ひと息

旧東京音楽学校奏楽堂地図

 旧奏楽堂の100メートル圏内は格好の建築見学コースだ。斜め向かいにある国際子ども図書館は1906(明治39)年、奏楽堂を手掛けた久留正道の設計による旧帝国図書館(後に国立国会図書館支部上野図書館)。2000年に安藤忠雄の設計で、旧態を保存するかたちで改修された。カフェテリアは静かな穴場。
 その隣の黒田(清輝)記念館は岡田信一郎設計の昭和初期の美術館建築。東京芸大の音楽学部入り口に2棟の赤煉瓦(れんが)建築があり道路からも覗(のぞ)ける。1880(明治13)年築、東京最古の赤煉瓦建築の1つで博物館の書庫だった。美術学部敷地、大学美術館の並びには岡田設計の旧東京美術学校陳列館が残る。

洋楽受容の学舎だった 最古のコンサートホール 上野の杜で響き今も

ここで滝廉太郎がピアノを弾き、山田耕筰が歌曲を歌い、三浦環がオペラデビューを果たした。上野の杜(もり)の旧東京音楽学校奏楽堂は日本の洋楽黎明(れいめい)期のヒノキ舞台だった。

優雅な屋根の車寄せ。正面大屋根には楽器をあしらった切り妻飾り。明治にできた瓦屋根の洋館には女子卒業生の海老茶袴(えびちゃばかま)がよく似合う。隣の東京芸術大学で式を終えたアーティストたちが館の前で写真におさまる姿は、上野の杜の風物詩になった。

東京芸大は1949(昭和24)年に東京音楽学校と東京美術学校が合併、新制大学として発足した。前身の旧音楽学校は1887(明治20)年、文部省の音楽取調掛を継承して誕生した

待望の校舎ができたのは3年後の5月。音楽学校の象徴として奏楽堂は校舎中央の2階部分、両翼に教室棟を従えるようにそびえていた。設計は文部技官の山口半六と久留正道があたった。このコンビは旧制高校などで多くの学校建築を手掛けている。

新緑のもと、朝野内外の紳士淑女を招いた竣工(しゅんこう)式で初代校長の伊沢修二は「蓋(けだ)し音楽は人心の和平を養い、国家に欠くべからざるもの」と述べ、泰西音楽の摂取と普及への意気込みを示し、新築披露音楽会が開催された。わが国初のコンサートホールは独立した建物ではなく講堂を兼ねた学舎(まなびや)だった。

音楽史飾るヒノキ舞台

1898(明治31)年から定期演奏会が始まった。第1回は滝廉太郎がバッハの曲をピアノ独奏している。当時、滝は研究科に在籍していた。後に「荒城の月」「箱根八里」などの多くの唱歌を作り、ドイツに留学するが23歳で早世した。

この春秋2度の定期演奏会ではベートーベンの交響曲などが初演された。1903(明治36)年には日本人による初のオペラ、グルック作「オルフォイス」を上演。ここでエウリディーチェを歌ったソプラノ、柴田環はのちに三浦環として世界のプリマドンナになった。声楽科で三浦に指導を受けた山田耕筰は日本近代音楽の育ての親として戦前戦後を通し作曲、指揮で活躍した。

奏楽堂は29(昭和4)年に日比谷公会堂ができるまでは、唯一の音楽専門ホールであった。だが、舞台も狭く席数も少ない明治生まれのホールは、現代の音楽教育、表現の場としては容量不足になった。

曲折あった保存運動

1972(昭和47)年、大学は新ホールを建てるため、ホールを解体し愛知県犬山市の明治村に移築することを決めた。これに対し、OB音楽家や建築家が異議を唱え、大学構内保存運動を起こした。作曲家の黛敏郎、芥川也寸志らが、粘り強い運動を続けた。

一時は、政治家や文部省、東京都などを巻き込み紛糾する場面もあったが、82(昭和57)年、地元の台東区が上野公園内に移築保存することで落着した。87(昭和62)年、芸大敷地の隣に旧奏楽堂として復元、開館した。備え付けのパイプオルガンも修復、台東区の運営でコンサート活動が続く。大学構内にはモダンな新奏楽堂ができ、学生は新旧のホールを活用している。

解体工事でホールの床と壁の中に稲藁(わら)の束が、レッスン室の壁と床、天井から大鋸屑(おがくず)がそれぞれ大量に見つかった。防音材だった。カマボコ状の天井空間が木造漆喰(しっくい)の壁面とあいまって「楽器のような音響」(指揮者の森正)を醸し出している。明治の音響学者、上原六四郎が勘で編み出した工夫であった。

現在、東京には大小の音楽ホールが林立している。それらに交じって、席数338のこぢんまりした楽堂は、愛らしい姿とぬくもりのある響きで今も、独特の存在感を保っている。

文・名和 修

「第九」の初演

旧東京音楽学校奏楽堂提供

■「第九」の初演

 1924(大正13)年11月、ドイツ人教師グスタフ・クローンの指揮でベートーベンの「第9交響曲」全曲が本邦初演。女性奏者は着物姿、狭い舞台で男女の学生合唱団がはみだしそうだ。


日本経済新聞 夕刊 2009年3月26日(木) 掲載

探訪余話

唱歌誕生の地

旧奏楽堂は校舎の一部だったから、建築に華やかな装飾はない。唯一、正面屋根に切妻状のレリーフ飾りが見える。中央に火炎太鼓、それをはさんで、雅楽で使う笙(しょう)と西洋のハープ(竪琴)が並ぶ。

この飾りが象徴するように、音楽取調掛や官立音楽学校の狙いのひとつに「東洋、西洋の音楽を折衷して新曲を作る」(伊沢修二)ことがあった。具体的には西洋の親しみやすいメロディーに日本語の歌詞をつけて日本の歌とすることであり、西洋音楽の語法で日本の音を素材に新曲を作ることである。

前者の翻訳歌曲は「蛍の光」、「庭の千草」など多くの小学唱歌が生まれた。後者は夭折(ようせつ)の音楽家、滝廉太郎が先鞭を切った。「荒城の月」(土井 晩翠作詞)は中学唱歌に採用された代表作。組曲「四季」の第1曲「春」は国民的愛唱歌になった。

奏楽堂の玄関脇に滝の像が建つ。作者の彫刻家、朝倉文夫は滝とほぼ同世代。大分県竹田の小学校の同窓で、滝が通う上野の音楽学校の隣の美術学校彫刻科で学んだ。滝の没後、少年時代の思い出をもとにして像を彫んだという。

奏楽堂は台東区の運営で、現役コンサート会場として利用されている。演奏会のないときも内部を公開している(入館料300円)。1階部分が常設展示会場になっていて、音楽学校から芸大までの歴史、活躍した演奏家、建築としての奏楽堂の歩みなどを史料で眺めることができる。

ホール中央に設置するパイプオルガンは、音楽好きの旧紀州藩の徳川頼貞侯爵が大正9年に英国から購入し、震災後に寄贈したもの。世界でも珍しいふいごで風を送る空気アクションのコンサートオルガンだ。この修復をめぐっても芸大OBや地元市民が熱心に保存運動や募金活動を展開した。こうした活動が実り、奏楽堂は88(昭和63)年、国の重要文化財に指定されている。

木曜と日曜のコンサートは芸大音楽学部の協力で低料金で若手音楽家の演奏を気軽に楽しめる。また、毎年、日本歌曲コンクールを開催し、歌唱、作曲部門で賞を出しており、今年5月で20回目を迎える。

芸大内には音楽学部の敷地に新しい奏楽堂ができている。地上5階、地下2階、1100席、最新鋭の音響設備を備えたホールで、ここでも有料のコンサートが開催されている。

世界遺産めざす

花見と動物園の上野公園は、正しくは「上野恩賜(おんし)公園」と呼び、しばしば日本近代史の主要舞台となった。

もとは芝の増上寺と並ぶ徳川家の菩提寺、寛永寺の一部だった。1868年(明治元)5月、幕臣から成る彰義隊と官軍が激突した。官軍の大勝で日本の近代の幕が開いた。この上野戦争の焼け野原に新政府は病院を建てる予定で、オランダの医学者ボードウィンに相談した。ボードウィンは緑の多い地形に注目して一帯を公園として市民に開放することを提言、恩賜公園に指定された。

1877(明治10)年には、内務卿、大久保利通の提唱で第1回内国勧業博覧会が開催される。国内物産の品評、展覧会は45万人が来場し、政府の殖産興業政策を宣伝する場になった。1889(明治22)年には大日本帝国憲法発布の記念式典がおこなわれ、1920(大正9)年には第1回メーデーの会場となった。

また、欧州の王立博物館をモデルにした帝国博物館(現在の東京国立博物館)は公園の核になり、文部省主催の美術展、通称文展(日展の前身)も上野の杜で開催された。国立科学博物館の前身の東京博物館もあって、上野の杜は戦前戦後を通じて文化発信の地でもあった。

1959(昭和34)年に竣工した国立西洋美術館の本館はフランスの建築家ル・コルビュジエの作品でユネスコの世界遺産の暫定リストにのり、フランス政府と共に登録を働きかけている。この夏にはその可否の結論が出る予定だ。実現すれば美術と音楽の杜は「建築の杜」というもうひとつの大看板を持つことになる。

文・名和 修

楽器をあしらった屋根飾り

滝廉太郎像

パイプオルガンを備えた舞台

芸大奏楽堂

国立西洋美術館