明治・大正・昭和の足跡を訪ねて

レールを用い船を引き揚げる「スリップドック」(1969年国の史跡に)。奥の建物は機器小屋(写真・多田 征樹)

所在地:長崎県長崎市 完成:1868(明治元)年

ひと息

小菅修船場跡地図

 小菅修船場はグラバー邸から1キロ弱という距離にあるが、交通の便に問題があり、見学者は少ないという。代わりにお勧めしたいのが、小菅修船場の対岸にある三菱重工長崎造船所の史料館だ。元来は1898年に造られた煉瓦(れんが)建ての木型工場で、長崎造船所の最も古い建物である。
 史料館の見どころは、同造船所で建造された浅間丸、あるぜんちな丸、戦艦武蔵などの資料や大型船舶のタービンに代表される機器類だろう。小菅修船場の模型や写真も展示されており、船を引き揚げる仕組みなどがよく理解できる。開館は平日のみ。入場は無料だが、事前の連絡が必要。

最古の洋式ドック 小松帯刀らが計画 明治政府から三菱に

日本最古の西欧式ドック、小菅修船場は、1867(慶応3)年1月、薩摩藩の主導によって建設が始まっている。計画を進めたのは大河ドラマ「篤姫」で有名になった薩摩藩家老の小松帯刀(たてわき)、実務にあたったのが藩士の五代才助(友厚)であった。そしてもう1人、グラバー邸で知られる英国商人、トーマス・グラバーが計画・建設両面で大きくからんでいる。

商人名で申請

幕末の長崎港には外国船に限らず日本各藩の船も頻繁に出入りするようになっていた。ところが長崎には船舶の修理、整備をする施設がない。琉球唐物(からもの)(沖縄経由で輸入する中国の物産)を長崎に持ち込んでいた薩摩藩が、そこに目をつけたのである。

しかしなぜ、薩摩藩が藩外の長崎に修船場を建設できたのだろうか。幕末の長崎に詳しい長崎県文化振興課の本間貞夫参事は以下の諸点を挙げている。

一、薩摩藩が長崎に経済面で影響力を持っていたこと。

二、小菅が天領であったこと。

三、幕府が修船場を必要な施設と認めたこと。

四、そして何より、長崎の御用商人2人の名を借りて、建設の申請を行ったこと。

申請者が薩摩藩では、幕府の許可はあり得ない。それを見越して申請者名を偽ったのだが、受理した長崎奉行も事情は承知の上、だったのかもしれない。

建設地の小菅浦は現在の長崎港入り口に近く、狭い入り江が陸に食い込む形で延びている。船を引き込み、引き揚げるには絶好の地形だった。英国から技術者を招き、建設を開始する。陸上から海中に174メートルのレールを敷き、船架(船を載せる台)によって船を引き揚げる「スリップドック」が造られていく。

資金の分担は薩摩藩が25%、グラバーと彼の経営するグラバー商会が75%。利益が出れば出資の割合で分けることに決まる。ところが完成したのは1868年末、時代は明治になっていた。

このころグラバーは窮地に陥っていた。日本の内乱が長引くと見て武器を大量に買い込んでいたのだが、思惑が外れ、売り先を失ったのだ。資金繰りに悩むグラバーは五代のツテによって修船場を12万ドルで明治政府に売り渡す。今日の価格なら12億円程度、と考えられている。

ソロバンドック

修船場は明治政府の管理下に入り、対岸の長崎製鉄所(官営の鉄製品製造所)に付属する工場となった。以来、船舶の修理、新船の建造にと活況を示し、細長い船架の形から「ソロバンドック」の愛称で呼ばれるようになる。この名は長く地元で親しまれ「小菅修船場」では話が通じないほどである。

長崎製鉄所は1887年、払い下げによって三菱社の所有となり、現在の三菱重工業長崎造船所に育っていく。しかし小菅修船場は船舶の大型化によって業務を縮小せざるを得なかった。第2次大戦中は軍用舟艇(小型船)の製造によって一時的に盛況期を迎えるものの、戦後の1953(昭和28)年に閉鎖した。

いま修船場は三菱重工長崎造船所史料館の管理となり、建設当初の姿をかなり残して保存されている。ただ、船架は小型船用に改造され、ソロバン型よりかなり短くなった。見学者は「なぜソロバンドックなのか」と、首をひねるそうである。

さて修船場建設の中心人物はその後どうなったか。小松は志半ばの1870年、34歳で病没する。一方、五代は明治政府の役人になって大阪・造幣寮の創立に尽力、グラバーがそこに硬貨鋳造機を売り込む。さらに実業家に転じた五代が造幣寮に硬貨の地金を納入して巨利を稼ぎ、大阪財界の大立者に――。修船場後日談は、こんな形で続くのである。

文・今泉 恂之介

引き揚げ用の巨大歯車

 

■引き揚げ用の巨大歯車

 建設時の1868(明治元)年に設置した蒸気機関引き揚げ装置(英国製)。8枚の歯車で減速しながらパワーアップし、1000トン級船舶を引き揚げていた。


日本経済新聞 夕刊 2009年3月19日(木) 掲載

探訪余話

影の主役・グラバー

長崎有数の観光名所・グラバー園の展望台に立つと、約1キロを隔てた長崎港の対岸(西方向)に三菱重工長崎造船所のドックや工場が2キロに渡って続いている。その一角に幕府の「長崎溶鉄所」(後の長崎製鉄所、現在の長崎造船所)が出来たのは1857(安政4)年。そのころ長崎港の東岸(グラバー園側)は外国人居留地になり始めていた。

英国スコットランド生まれのトーマス・グラバーが長崎にやって来たのは1859年、21歳のときであった。英国人の経営する商社に2年勤務した後、23歳で独立、グラバー商会を設立する。当初の主な業務は英国への日本茶輸出だったが、幕末の国内情勢に目をつけ、戦艦や武器を輸入し、薩長土肥など各藩への売りさばきを始めた。居留地にグラバー邸を建設したのは、商会設立後、3年のことである。

グラバーは薩長などの勤皇勢力と交流、坂本竜馬ら倒幕の志士を支援し、明治維新への動きに影響力を示すが、その背後にはもちろん大きな取引が控えていた。そのグラバーと最も深い関係を持った人物の1人が薩摩藩の家老・小松帯刀だった。彼は坂本竜馬をグラバーに紹介したほか、伊藤博文、井上馨ら長州藩士5人の英国留学、五代才助ら薩摩藩士15人の欧州視察をグラバーとともに画策している。

グラバーと小松はグラバー邸内の高台に立って長崎港を見下ろし、小菅修船場の建設を語り合ったに違いない。左手に見おろす小菅浦はかつて大村藩の領地だったが、居留地建設の関係で天領になっていた。「あそこなら修船場を作れるだろう」。そういう結論になったのではないだろうか。

五代ら薩摩藩士は1865年に欧州視察へ出発、この旅行中にフランスの貿易商社と修船場建設を取り決めている。帰国後の67年、ただちに工事に入ったことからして、欧州視察は修船場建設の交渉や下準備が目的だったのだろう。五代らに指令を出したのは明らかに小松で、グラバーが影の主役になっていたはずである。

グラバーは武器商人として暗躍した面はあるが、日本の文明開化にも大きく寄与している。1865年(慶應元)年、長崎・大浦に400メートルのレールを敷き、上海から輸入した蒸気機関車「アイアン・デューク号」を走らせた。これが日本で初めて走った蒸気機関車で、新橋−横浜間に日本初の鉄道が開設される7年前のことである。

日本初の西欧式ドック・小菅修船場を造った68(明治元)年には、長崎半島西海岸沖の高島に、欧州の近代設備による高島炭鉱を開いた。これはグラバー商会と佐賀藩との共同経営で、日本と外国による初の合弁企業となった。

やがて日本の内乱は終息に向っていく。戦艦や武器によって大きな利益を得ていたグラバー商会は苦境に陥り、70年に破産してしまう(同年、小松帯刀死去)。ところがグラバーはなかなかしぶとく、高島炭鉱を三菱社に売却したのをきっかけに、同社とのつながりを作っていった。81年から三菱の傘下に入り、85年にはビール会社、ジャパン・ブルワリーの設立に参加、88年にはキリンビールの第一号を世に出している。

ビジネスに経験豊富で、西欧事情にも通じているグラバーは、三菱社内で頼りにされるようになっていく。やがて三菱の総帥・岩崎弥太郎、弥之助兄弟の信頼を獲得し、2人の相談相手になって、93(明治24)年には三菱の終身顧問という立場に就いた。

グラバーが亡くなったのは明治末の1911年。グラバー邸は、日本人の妻ツルとの間に生れた倉島富三郎が継ぐが、39(昭和14)年から三菱の所有となった。三菱が買い取った理由はグラバー邸から対岸の造船所が丸見えになってしまうためで、戦艦「武蔵」の建造が始まっていた造船所にとって、秘密保持が欠かせなかったのだ。

以来、グラバー邸は三菱が管理していたが、長崎溶鉄所設立から100年目の57年に長崎市に寄贈、今日に至っている。公園となったグラバー邸内には、三菱の第2ドックハウス(ドック入りした船の船員の宿泊施設)や外国人住宅など8棟が移築された。このうちの外国人住宅2棟が、グラバー邸とともに国の重要文化財になっている。

文・今泉 恂之介

グラバー園から見た長崎造船所

グラバーの胸像

グラバー邸

ジャパンブルワリー(キリンビール)のラベル。左が最初のもの(グラバー邸の展示)

旧三菱ドックハウス