明治・大正・昭和の足跡を訪ねて

端正にして風格のある建物はいまも大学の教育施設(写真・長田 浩)

所在地:熊本県黒髪 完成:1889(明治22)年

ひと息

熊本大学五高記念館地図

 熊本大学五高記念館は 「五高資料館」といえるだろう。赤煉瓦の門(通称「赤門」)からキャンパスに入り、道なりに行くと、クスやマキの巨木やソテツが茂る先に建物がある。一般の人が自由に見学でき、入場は無料。高い天井、広い階段の校舎に入っただけでも旧制高校の雰囲気を味わうことができる。
 各教室が資料室になっていて、ラフカディオ・ハーンの雇用契約書、夏目漱石教授と生徒の寺田寅彦がいっしょに写った卒業写真など、興味深いものが展示されている。来館者は年間約1万人。「このところ県外の人が多くなった」と同館では言っている。

端正な赤煉瓦校舎 国家エリート養成の場 ハーン、漱石も教壇に

明治政府は1886(明治19)年、全国の5区に高等中学校(旧制高校の前身)の設置を決めた。翌年、初代文部大臣の森有礼(ありのり)が第5区の九州を訪れ、福岡、長崎、熊本の3候補地を視察している。当初は長崎が有力だったという。

ところが熊本に来て情勢が一変する。地元の私立学校・済々黌(せいせいこう)(現在の県立済々黌高校)を訪れた旧薩摩藩士の森が、武士道精神の行き渡った教育に共感し、熊本に惚(ほ)れこんでしまうのだ。「五高は熊本に」。これはほとんど森大臣の一存で決まったとされている。

旧制高校は帝国大学(旧制の国立総合大学)入学の予科的性格を備えており、国策によるエリート養成機関ともいえた。地元、熊本はもちろん大歓迎である。市の北東に用意された用地は5万坪(約16万500平方メートル)。そこに美しい校舎が建てられていった。

熊本大学五高記念館

設計者の文部技官、山口半六と久留正道は、ともに日本建築界のパイオニア的存在であった。山口は松江藩の出で、18歳のときフランスに留学し、建築学を学んだ。久留は工部大学校造家学科(現東大建築学科)卒。2人が携わった建物には一―五高や東京音楽学校(現東京芸大)などがあり、これらが日本の学校建築のモデルになっていく。

いま「熊本大学五高記念館」となっている建物は教室棟だった。赤煉瓦(れんが)造り2階建て、全長80メートル、幅9.6メートル。玄関を中心に、1、2階とも左右対称に教室が並ぶ。飾り気のない落ち着いた外観だ。

現存する旧制高校の建物ではほかに金沢・四高の校舎(石川四高記念文化交流館)があるが、大学の施設として使われているのは五高記念館だけ。明治そのままの雰囲気を残しているので、映画やテレビの撮影によく利用されている。

今回の取材で昔のままの「復原教室」に入ってみると、黒板いっぱいに英文による数学の問題が書かれていた。NHK大河ドラマの撮影に使われたそうで、授業の場面の書き込みが、そのまま消されずに残っていたのである。

剛毅木訥、弊衣破帽

旧制高校は各校とも教授陣に優秀な人材を求めた。五高では例えば3代目校長、嘉納治五郎(柔道の創始者)がラフカディオ・ハーン(小泉八雲)をスカウトした。ハーンの退任後に夏目漱石が教授に就任している。2人とも学生の人気が非常に高かったという。

生徒の就学年は、現在の学制なら高校3年から大学2年までの3年間。入学者数は同年世代の1%以下であった。帝大への進学はほぼ約束されていたのだから、学校は生徒たちの、文字通り青春を謳歌(おうか)する場になっていく。

各校では名物の「ストーム」が横行した。寮歌を大声で歌い踊るような騒ぎのことで、褌(ふんどし)1枚の姿も珍しくない。五高の校風は道徳の理想を求める「剛毅木訥(ごうきぼくとつ)」だが、本来の精神を曲解した行動が少なくなかった。弊衣破帽(へいいはぼう)に代表される「バンカラ」の風潮も五高に始まったといわれている。

旧制高校はやがて、一―五高の「ナンバースクール」が八高にまで増え、土地の名を冠した「地名校」や私立学校も加わって、40校ほどに拡大していく。これらに共通するのは少人数制のエリート教育と自由な気風である。その功罪はさまざまに語られているが、いま80歳以上となった卒業生たちにとって、高校は心の故郷であり続けているようだ。

制度上、旧制高校が消滅したのは戦後の1950年3月である。各校は上の新制大学(五高は熊本大学)へ吸収されるが、これに反発する動きもあったらしい。『旧制高校物語』(秦郁彦著)にはこんな例が挙げられている。「なかには五高のように(旧制高校の)廃止はGHQ(連合国軍総司令部)のせいだと思いこんで、米兵を川に投げこんだ武勇伝も伝わっている」

文・今泉 恂之介

ストーム風景

熊本大学提供

■ストーム風景

 生徒寮のストーム風景(1926年ごろ)。騒ぎの度が過ぎ、壁や窓ガラスがしばしば破壊されたが、学校側は大目に見ていたようだ。当直の先生がストームの陣頭に立ち、“大活躍”することもあったという。


日本経済新聞 夕刊 2008年11月27日(木) 掲載

探訪余話

名物教授の旧居

旧制五高に名物教授は数多いが、全国区の有名人といえば、やはりラフカディオ・ハーン(小泉八雲)と夏目漱石になるだろう。ハーンは1891(明治24)年から3年間勤務し、ラテン語を教えていた。欧米や東洋の豊富な知識を駆使し、生徒に絶大な人気を博したという。漱石はハーンが退任した2年後の96年から4年間、英文学を担当。30歳前後の、活力にあふれたころである。江戸っ子気質を発揮して学生に慕われ、教員対抗ボートレースに出場するなど、鬱病を病んだ英国留学の後とは別人のようなはつらつとした教員時代を送った。

ハーン、漱石とも熊本市内の一般家屋に住み、ともに何度か転居している。五高教授としての給与は一般人に比べて非常に高く、当時の警察官などに比べると、ハーンが20倍、漱石が10倍と言われている。熊本市指定の有形文化財として保存されている2人の旧居はかなり広い。公開されている住居を見学すると、2人の熊本における生活ぶりの一端を知ることができる。

ハーンははじめ熊本に非常に悪い印象を抱いたようだ。到着したとき、兵舎やみすぼらしい小屋ばかりが目についたためだという。それでも市民生活に直に触れ、さまざまなことに興味を抱き、『思い出の記』などさまざまな作品のモチーフを得ていく。

ハーンが最初に住んだ家は熊本城に近い手取本町にあった。彼はこの住居を借りるとき、日本式の神棚をつくり、毎朝、拍手を打って礼拝していたという。妻の小泉せつ(節子)がこの家に来た時、庭に飼っていたヤギ、ブタ、アヒルなどを見て驚いた、という話も伝わっている。ハーンはここから数キロの五高まで人力車で通っていた。

保存されているのは、元熊本藩士が明治時代に建てたというその住居で、現在は熊本市内の中心部・安政町に移築されている。1960年、解体の危機に瀕したとき、五高卒業生などが保存運動を起こし、ハーンが住んでいたときのままに復原することができた。平屋建て和室が7部屋、廊下が鍵の手に続いているなど、古い日本の住居そのものといえる家屋である。ハーンが特別に作らせた神棚も保存されている。

漱石の旧居は熊本城の北約1キロの住宅街・内坪井町にある。熊本に来て転居を繰り返した5軒目のもので、漱石本人が「熊本で住んだ中で1番いい家」と語っている。それまでの住居に比べると特別に広く、現在の敷地面積は1434平方メートル、建物は232平方メートルの平屋建て。和風だが、玄関の脇に応接用の洋間がついている。当時の地所はもっと広く、1800平方メートルくらいあったようだ。

五高の教え子、寺田寅彦(物理学者、随筆家)は漱石の信奉者で、「ぜひと書生にして下さい」と何度も漱石に頼んでいた。そこで漱石は自宅に来た寅彦に家屋の裏側にある「馬丁小屋」を示し、「ここに住むなら」と言ったところ、寅彦は「これでは無理です」と諦めたという。その小屋も家屋の裏側に残っている。

室内は広々としており、自筆の原稿、五高時代の写真、古い漱石全集などが展示されている。床の間のある部屋には、漱石のからくり人形が文机の前で、右手に筆を持ち、左手で猫を撫でながら端座している。机の手前のひもを引っ張ると、漱石先生が猫の首を持ち上げるという仕掛けになっている。後ろには「草山に馬放ちけり秋の空」の軸が掛っている。阿蘇を散策したときの句だという。

漱石がこの家に転居したころ、鏡子夫人は妊娠中で、ひどいつわりに苦しんでいた。漱石は夫人の体調を心配し、一生懸命看病していたという。1899年5月に長女・筆子が誕生、安産を喜んだ漱石は「安々と海鼠(なまこ)の如き子を生めり」という一句を作った。妊娠中は大変だったが、安産でよかったなあ、という思いを冗談めかして詠んだものだろう。

当時の熊本はまだ水道がなかったので、筆子誕生のときは庭の中の井戸から水を汲み、台所に運んで産湯に用いたという。その苔むした井戸は、木々が鬱蒼と茂る庭の中にあり、傍らに「安々と――」の句碑が立っている。

文・今泉 恂之介

明治時代の五高「復原教室」

ハーンのレリーフ像(熊本大学内)

熊本市内中心部にあるハーン旧居

庭木の茂る漱石旧居

漱石邸の庭に残る井戸